相続の問題は、さまざまな法律が絡み合う上に、権利ということも出てくることから、非常に難解になりやすい性格を持っています。特に土地ということになってくると、多くの問題が出てくることは間違いありません。その中で、貸しているという条件が付いている土地である底地の相続という問題も出てきます。

底地取扱店土地は、そのままにしておいても、何も生み出してはくれません。そこで、第三者の建物の所有を目的として貸す場合がほとんどです。賃借権である借地権を設定することになりますが、第三者に貸し付けて地代を得るということで契約を結びます。自分の土地であっても、契約を結んだことにより、大きな制約を受けることになりますが、そのひとつが処分するときに出てくる問題です。

実際の問題を考えた場合、借地権があったとしても底地は流動性も収益性も十分とは言えない可能性が出てきます。それにもかかわらず、相続税は課税されることになりますし、物納ということに関しても条件が厳しくなってきているところが問題です。特に現金や株といった財産があると、条件は厳しくなり、物納ということを考えられないということも大いに考えられます。現金は相続税に使った結果、収益性の低い底地だけが残るということも出てきてしまうでしょう。そこで、売却ということが出てきますが、多くの点で注意していかなければいけません。こうした、借地権相続に関する相談は底地を扱う専門家を頼る必要があるかもしれません。


▼関連記事▼

  1. 底地取引店とメリット
  2. なぜ底地取引店か