底地取引店底地の売却方法としては2つの方法が考えられます。ひとつは借地権者に売却するという方法です。いま現在建物を建てて使っている本人に売却するということは、所有化することができるというメリットがあります。つまり、高く買ってもらえる可能性がある反面で、交渉から売却というプロセスが必要となり、時間がかかるということが重要です。さらに、複数の借地権者が存在する場合には、売れ残ってしまう可能性も否定することができません。そうした土地だけ売るということになると、底地取引店に断られる可能性が出てきます。

底地取引店の場合には、面倒な手間は必要なくなります。すべてを面倒を見てくれるからです。非常に素早く対応してくれるだけではなく、個別交渉がいらないということで、一括売却が可能です。当然管理ということも必要がなくなるため、素早く現金化して、相続税の支払いにも対応することができるでしょう。個別交渉ではないということで、借地権者に売却するよりも、若干安くなる可能性は出てきますが、大きな手間がかかり、相続税の支払いを確定できなくなる要因が残ることを考えれば、どちらが有効なのかはすぐに見えてくることでしょう。売れ残るという究極のリスクもありません。


▼関連記事▼

  1. 借地権がある底地相続
  2. 底地取引店とメリット