なぜ底地取引店か

底地取引店底地の売却方法としては2つの方法が考えられます。ひとつは借地権者に売却するという方法です。いま現在建物を建てて使っている本人に売却するということは、所有化することができるというメリットがあります。つまり、高く買ってもらえる可能性がある反面で、交渉から売却というプロセスが必要となり、時間がかかるということが重要です。さらに、複数の借地権者が存在する場合には、売れ残ってしまう可能性も否定することができません。そうした土地だけ売るということになると、底地取引店に断られる可能性が出てきます。

底地取引店の場合には、面倒な手間は必要なくなります。すべてを面倒を見てくれるからです。非常に素早く対応してくれるだけではなく、個別交渉がいらないということで、一括売却が可能です。当然管理ということも必要がなくなるため、素早く現金化して、相続税の支払いにも対応することができるでしょう。個別交渉ではないということで、借地権者に売却するよりも、若干安くなる可能性は出てきますが、大きな手間がかかり、相続税の支払いを確定できなくなる要因が残ることを考えれば、どちらが有効なのかはすぐに見えてくることでしょう。売れ残るという究極のリスクもありません。


▼関連記事▼

  1. 借地権がある底地相続
  2. 底地取引店とメリット

底地取引店とメリット

相続借地権が残っているような底地は、相続の対象となってきます。一般の資産と変わりがなく、遺産相続することが可能です。この場合、借地権も相続の対象となってくることから、契約を交わした名前のまま、新たな契約を交わす必要もありません。実際に相続したとしても、膨大な相続税が課せられる可能性も出てくることもあり、支払うようなことができないようなときには、売却するという選択も出てくるでしょう。問題なのは、売却されてもすぐに使用ができない土地です。

逆に底地取引店では、メリットも見ていることも間違いありません。このような要件の場合、必ず借地権者が存在しています。つまり、賃貸募集をすることの必要性がないということになるでしょう。マンションなどがたっているのであれば、空室のリスクは大きく下がっていくことになります。借地権ということでは、メンテナンスの費用が発生しません。建物に関して言えば、土地の所有者は何ら責任がない以上、借地権者が自らメンテナンスをすることになります。管理費もかからないということになるので、資産性の高い物件ということになるでしょう。

一時金が発生するということも出てきます。更新料などが該当することになりますが、習慣的なものであっても、大きな収入になってくるのですから、買取る価値があるという判断をくだせるようになるでしょう。


▼関連記事▼

  1. 借地権がある底地相続
  2. なぜ底地取引店か

借地権がある底地相続

相続の問題は、さまざまな法律が絡み合う上に、権利ということも出てくることから、非常に難解になりやすい性格を持っています。特に土地ということになってくると、多くの問題が出てくることは間違いありません。その中で、貸しているという条件が付いている土地である底地の相続という問題も出てきます。

底地取扱店土地は、そのままにしておいても、何も生み出してはくれません。そこで、第三者の建物の所有を目的として貸す場合がほとんどです。賃借権である借地権を設定することになりますが、第三者に貸し付けて地代を得るということで契約を結びます。自分の土地であっても、契約を結んだことにより、大きな制約を受けることになりますが、そのひとつが処分するときに出てくる問題です。

実際の問題を考えた場合、借地権があったとしても底地は流動性も収益性も十分とは言えない可能性が出てきます。それにもかかわらず、相続税は課税されることになりますし、物納ということに関しても条件が厳しくなってきているところが問題です。特に現金や株といった財産があると、条件は厳しくなり、物納ということを考えられないということも大いに考えられます。現金は相続税に使った結果、収益性の低い底地だけが残るということも出てきてしまうでしょう。そこで、売却ということが出てきますが、多くの点で注意していかなければいけません。こうした、借地権相続に関する相談は底地を扱う専門家を頼る必要があるかもしれません。


▼関連記事▼

  1. 底地取引店とメリット
  2. なぜ底地取引店か